HOME > 尾商 学習成果発表会

尾商 学習成果発表会

尾道商業高校 学習成果発表会 2019年2月8日放送

 

ビジネス教育を学ぶ生徒が、日頃の学習や研究の成果を披露する発表会が2月8日、古浜町の尾道商業高校で行われました。

 

この取り組みは、在校生や地元企業などの来賓に学習成果を発表することで、生徒のプレゼンテーション能力や学習意欲を高めると共に、地域との連携を深めていこうと毎年開かれています。

 

今年は、全校生徒およそ600人と地元企業の関係者たち16人が参加し、1年生から3年生のおよそ20人が発表に臨みました。

 

1年生や2年生は学校の授業で取り組んだことやインターンシップで経験したこと、3年生は大学受験を通して学んだことなどを発表しました。

 

その他にも、尾道商業高校 独自の取り組みで、生徒が実践的な商品企画や販売を行う「尾商デパート」について、昨年の活動が報告され、発表した3年生が後輩たちにエールを送っていました。

 

発表後の講評では、広島県教育センター教育情報部指導主事の大下 美代子さんが「今後も尾道商業高校ならではの授業を生かしてそれぞれの探求を深め、地域を盛り上げていってほしい」と生徒たちに呼びかけていました。