HOME > 自動車事故防止体験会

自動車事故防止体験会

自動車事故防止体験会 2019年3月13日放送

 

 

交通事故防止の新しい機能を装着した自動車の体験乗車とセミナーが3月6日、ベイタウン尾道でありました。

 

この催しは、交通安全の取り組みとして、尾道郷心会が主催して、マツダ株式会社などの協力で開かれたものです。

 

交通事故の被害を軽減する自動ブレーキや、オートマチック車の誤発進を抑制する装置を装着した車の試乗体験などが行なわれました。

 

会場には、多くの人が訪れ、試乗車に数人ずつ乗り込み、装置が作動する様子を体感しました。

 

「被害軽減ブレーキ」は、センサーで前方の障害物を検知し、運転者に代わってブレーキを制御する装置で、「誤発進抑制装置」は、前方の障害物を検知し、必要以上にアクセルが踏まれた場合、エンジン出力を抑制するものです。

 

試乗した、尾道市の野口俊輝さんは、「自分の意思とは関係なく、ブレーキがかかり停止した。安全性の高い装置だと思います」と話していました。

 

同時に行なわれたセミナーでは、安全運転に関する講習があり、訪れた人が熱心に聞き入っていました。