HOME > 消防団 総理大臣表彰受賞

消防団 総理大臣表彰受賞

尾道市消防団 総理大臣表彰受賞 2019年10月8日放送

 

 

2018年の西日本豪雨災害で防災活動を行った尾道市消防団が2019年度の防災功労者内閣総理大臣表彰を受賞し、10月2日、尾道市消防団の濱井忠昭(はまいただあき)団長が市役所を訪れ、平谷祐宏尾道市長に受賞を報告しました。

 

防災功労者の総理大臣表彰は、災害時の救助活動や防災活動などに貢献した個人や団体の功績をたたえるもので、2019年度は全国で5人の個人と、84の団体が表彰されました。

 

尾道市消防団は市内に住む男女、およそ1600人で構成されていて、西日本豪雨では、災害発生前の河川の見回りや、行方不明者の捜索、住民の避難誘導にあたりました。また、8月18日と19日には、広島県内の相互応援協定に基づき、安芸郡坂町に出動し、2次災害を防ぐための土砂の撤去作業などを行いました。

 

濱井団長は、「団員全員が一団となって活動にあたったことが今回の表彰につながったと思う。団員確保にも力を入れ、住民の生命、財産が守れるよう今後も頑張っていきたい」と話していました。