HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

ふるさと怪談トーク

第2回ふるさと怪談トークライブin尾道 2019年4月24日放送

 

 

地域に伝わる怪談を掘り起こして地域活性化につなげるトークイベント「ふるさと怪談トークライブ」が3月30日、東土堂町の信行寺でありました。


トークライブは、土地の古い歴史や文化を反映する「怪談」によって、東日本大震災の復興を支援しようと、文芸評論家の東雅夫さんの提案で始まったもので、日本各地で開かれています。

 

尾道での開催は2016年続いて2回目で、会場にはおよそ60人が訪れ、地域に密接した怪談に聞き入っていました。

 

プログラムは3部構成で、1部では東さんによる震災復興支援の取り組みについてなど話があり、トークライブ事務局の門賀美央子さんによる、東北の被災地の報告がありました。

 

二部では、尾道を舞台にした怪談などを、尾道市立大学演劇部の学生が朗読。尾道の新開や御調町にまつわる怪談が登場し、訪れた人は真剣な表情で聞き入っていました。

 

さらに、作家の宇佐美まことさんは、出身地の愛媛県にまつわる怪談を披露しました。

 

最後の第三部では、二部までの出演者と、主催者の光原百合尾道市立大学日本文学科教授と尾道市史の編さんに携わっている林良司さんが加わり、地域に残る怪談の特徴についてなど話を進めました。

 

各パネリストとも、専門分野に基づいて怪談への考察を加え、盛り上がっていました。ふるさと怪談の入場料金などは、被災地へ寄付されます。

 

イベントの模様は、4月29日から「ちゅピCOM11chおのみちアカデミー」で放送予定です。お楽しみに。

平谷市長 初登庁

平谷市長 初登庁 2019年4月23日放送

 

21日投開票の市長選で4期目の当選を果たした平谷 祐宏氏が4月23日、久保1丁目の尾道市役所へ初登庁しました。

 

平谷市長は、9時頃に本庁舎に到着すると、およそ150人の職員に拍手で迎えられました。

 

続いて行われた就任式では、冨永 嘉文副市長が平谷市長へ、「市長が掲げる『安心・誇り・成長・子どもたちの未来』これらの実現のために市政の遂行にあたります」と決意を述べました。

 

平谷市長は挨拶で、「これからの町づくりでは、現場の声をしっかり聞き、時代の変化を一早く掴むことが大切で、市民の声をしっかり背負い、情熱を持って取り組んでいきたい」と述べました。

 

平谷市長は、現在66歳で、2003年に尾道市教育長に就任。2007年に市長選に初当選し、今回で4期連続の当選となりました。

 

これからの町づくりについては、港を玄関口とした地域の活性化や、他の自治体と連携した課題の解決などに取り組みたいとしています。

名荷神楽 奉納

名荷神楽 奉納 2019年4月23日放送

 

 

広島県の無形民俗文化財に指定されている瀬戸田町の名荷(みょうが)神楽の奉納が4月7日、名荷神社で行なわれました。

 

神楽は、地域住民が受け継いでいて、今年は演者およそ15人が、6つの舞を奉納し、およそ450人が訪れ見学しました。

 

高校生から79歳までの舞い手が、御幣や扇子を持って、五穀豊穣や家内安全を祈願。「悪魔祓い」や、「八岐大蛇」などの演目とともに、名荷神楽で受け継がれている「わら人形」に神酒を注ぎ、色の滲み方で、その年の米の出来をはかる舞も奉納されました。

 

名荷神楽は、室町時代に起こった疫病や干ばつを鎮めるために、島民が神社に奉納したとされ、1968年に広島県の無形民俗文化財に指定されています。

 

奉納の日は、神社付近に、地域住民が「たこ焼き」などの屋台を出して、賑わいました。

尾道LC櫻井さん講演会

尾道ライオンズクラブ60周年 櫻井さん講演会 2019年4月19日放送

 

 

尾道ライオンズクラブは4月13日(土)、60周年記念事業として、ジャーナリストの櫻井よしこさんの講演会を開きました。

 

日本を取り巻く現状に、鋭い視点から発言する櫻井さんの講演とあって、会場一杯となるおよそ600人が訪れました。

 

尾道ライオンズクラブの御藤良基会長の挨拶に続き、櫻井氏が登壇し、「日本の行方」と題して話を進めました。

 

令和の時代の日本について、東アジアの情勢や、日本の政治状況などを話し、訪れた人は真剣な表情で聞き入っていました。

 

入場料1,000円は、西日本豪雨災害の被災地に寄付されました。

ボッチャ体験講習会

ボッチャ体験講習会 2019年4月19日放送

 

東京パラリンピックの正式種目で、障害者や高齢者など誰でも楽しめるスポーツ「ボッチャ」の体験講習会が3月24日、向島町の向島運動公園で行われました。

 

これは、ボッチャの普及や指導者の養成を目指して尾道市教育委員会が主催したもので、尾道市スポーツ推進委員や、市内の障害者スポーツの選手たちおよそ40人が参加しました。

 

ボッチャは、対戦チームが、色の付いた持ち球を互いに投げたり転がしたりして、ジャックボールと呼ばれるコート内の白いボールにどれだけ近づけられるかを競う競技です。

 

重度の脳性麻痺や、手足の機能に障害を持つ人のために考案されたスポーツで、障害により投球できない場合も、補助器具の使用やアシスタントに手伝ってもらうことで競技を行うことができます。

 

相手のボールに当ててジャックボールから遠ざけたり、ボールを置く位置によって相手のボールを妨げたりするなど様々な戦略があり、参加者たちはそれぞれ作戦を練りながら競技を楽しんでいました。

 

ボッチャの体験講習会は、尾道市では初めての開催で、市教育委員会では今後、市内の公民館や学校などに出向いてボッチャを広めていく予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
338ページ中1ページ目