HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

MOU「インフォーカス」

尾道市立大学美術館 インフォーカス  2018年9月18日放送

 

 

尾道市立大学の美術学科を卒業した3人の若手作家による作品展が10月8日まで、久保3丁目のMOU尾道市立大学美術館で開かれています。

 

この作品展は、大学を卒業し、現在も創作活動を行っている中曽智子さん、松本香菜子さん、児玉香織さんの作品を発表する場として開かれたもので、会場にはあわせて243点が展示されています。

 

中曽さんは、神話をテーマにデザインした花器を出品していて、白い半磁器の質感や釉薬の光沢を使い、しなやかさと内に秘めた生命力を表現しています。また、花を生けることで完成する「アンブロシア」は大地の裂け目から伸びる植物で不老不死を表しています。

 

松本さんは、植物のある身近な風景を日本画で表現していて、淡い色彩から柔らかな光や暖かな空気を感じることができます。縦170センチ、横215センチの大作もあり、見る人に安らぎを与えてくれる作品となっています。

 

児玉さんの作品は、方眼紙の上に有機的な線を引いた「方眼紙と線」で、料理の写真を平面と線で捉えたものなど、199点が並んでいます。

 

「インフォーカス9 卒業生の現在」の会期は、10月8日(月・祝日)までで、開館時間は、10時から18時です。会場は、MOU尾道市立大学美術館。入場無料で、水曜日と木曜日は休館です。

 

最終日の10月8日は、14時から作家3人によるトークイベントが開かれる予定です。

 

詳しくは、MOU尾道市立大学美術館 0848-20-7831 までです。

おのみち海風まつり

おのみち海風まつり   2018年9月18日放送

 

浦崎地区の魅力発信と、地域活性化を目指すイベント「おのみち海風まつり@戸崎」が9月15日と16日の両日、浦崎町の旧戸崎小学校で行われました。

 

このイベントは、高齢化や人口減少が進む中、浦崎町の魅力をアピールし、地域を元気にしようと戸崎地区魅力発信実行委員会が行ったもので、様々な体験型のイベントが行われ賑わいました。

 

戸崎小学校のグラウンドには、北海道美瑛町直送のトウモロコシやじゃがバター、焼きそばなどの屋台が並び、人気のミニ動物園では小さな子ども達がロバとの触れ合いを楽しんでいました。

 

小型無人機ドローンの操縦を学ぶ体験会も開かれ、参加者らが基本的な動きやドローンを飛ばす時の注意点など講師の説明に興味深く聞き入っていました。

 

また、海に面している立地を生かしたシーカヤックの体験会では、親子連れなどが気持ちよさそうにパドルを漕ぎ、穏やかな瀬戸内の魅力を体感していました。

 

イベントは、浦崎町出身のフォトグラファーで実行委員会 代表でもある田頭真理子さんを中心に、昨年から旧戸崎小学校で開かれていて、会場ではこの他にも神楽の上演や映画上映などもあり多くの来場者で賑わいました。

本四バス 県内初 新型導入

本四バス 県内初の新型車導入   2018年9月14日放送

 

東御所町に本社がある本四バス開発株式会社は9月13日、広島県内で初となるドライバー異常時対応システム搭載の新型バスを導入しました。

 

導入されたのは、日野自動車の大型観光バス「日野セレガ」で、因島重井町にある本四バス開発 因島営業所に配備されました。

 

バスに搭載されている「ドライバー異常時対応システム」は、ドライバーが急病などで運転が困難になった場合、乗客や乗務員がスイッチを押すことで、安全にバスを停止する装置です。

 

スイッチが押されると非常ブザーと共に車内のランプが点滅、減速・停止する間もハザードランプとストップランプの点滅やホーンの音で周囲に異常を知らせます。

 

また、全ての客席に3点式のシートベルトを備え、ベルトの装着を促す警告灯も設置されているほか、シフトチェンジを自動的に選択するシステムもありドライバーの負担軽減も図られています。

 

新型バスは、今後 点検や整備などを経て10月1日から運行される予定で、中四国や近畿地方を中心に、日本全国のツアーで利用されます。

 

本四バス開発 総務部の高橋和裕 次長は「安全・安心な車内で快適な旅を楽しんでほしい」と話していました。

仙台市小学校 復興支援

仙台市の小学校 尾道へ義援金 2018年9月14日放送

 

尾道市PTA連合会は9月4日、仙台市立七郷小学校の児童会から贈られた、西日本豪雨災害に対する義援金を尾道市へ届けました。

 

尾道市PTA連合会の明上 浩之会長が市役所を訪れ、平谷 祐宏尾道市長に目録を手渡しました。

 

尾道市PTA連合会は、2011年の東日本大震災で、宮城県PTA連合会を通じた復興支援を行っていて、義援金は、当時の支援へのお礼として七郷小学校の児童たちの呼び掛けで集められました。

 

七郷小学校の児童会から尾道市PTA連合会に寄せられた手紙には、「あきらめないでがんばってください。お互いに助け合っていきましょう」などの応援メッセージが添えられています。

 

平谷市長は「有効活用させていただき、七郷小学校の児童たちの気持ちに応えたい」と話していました。

 

義援金は、尾道市内の子どもたちの教育に役立てられます。

新駅舎テナント詳細発表

尾道駅新駅舎 テナント詳細発表 2018年9月13日放送

 

JR西日本は9月13日、現在建設中の尾道駅 新駅舎内に設ける商業施設や宿泊施設などの詳細を発表しました。

 

尾道市役所の記者クラブで開かれた会見では、JR尾道駅の片岡 茂樹駅長、テナント管理を担う「ジェイアールサービスネット岡山」の北條 裕介代表取締役社長、テナントを運営する「ディスカバーリンクせとうち」の出原 昌直代表たちが詳細を説明し、新駅舎や店舗などの新しいイメージ図も公開しました。

 

新駅舎は、鉄骨2階建て、延べ床面積はおよそ2,150平方メートルで、総事業費はおよそ17億円です。

 

外観は、明治時代の開業当時の雰囲気に近づける為、瓦風の屋根を使い、奥行きのある軒を設けるなど、尾道の街並みとの調和を目指しています。

 

駅舎内の商業施設の面積はおよそ1,200平方メートルで、尾道の土産品を取り扱うコンビニエンスストアやレンタサイクルが利用できるカフェ、レストランやバーなど7店舗を設けます。

 

JR西日本で初となる2階の宿泊施設は、個室や複数人向けの部屋など合わせて29室を設け、66人まで泊まることができます。

 

およそ5メートルの高さを活かした縦長の空間が特徴で、利用客が快適に過ごせるよう、共有エリアにはサイクルスタンドやラウンジ、シャワーやランドリーを設けます。

 

コンビニエンスストアは、JR西日本の関連会社が運営し、その他の6店舗は、西御所町のONOMICHI U2などを手掛けるディスカバーリンクせとうちに運営を委託します。

 

JR尾道駅の片岡駅長は「尾道の街並みの良さを活かし、新駅舎を観光拠点の一つとしていきたい。電車の利用客にも満足してもらえる駅舎を目指したい」と話していました。

 

JR尾道駅 新駅舎は2018年度末に開業予定です。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
289ページ中1ページ目