HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

第7回尾道マンガ大賞展

第7回尾道マンガ大賞展 2017年9月25日放送

 

感動をテーマに募集した「第7回尾道マンガ大賞展」の展示が始まり、9月24日 西土堂町の尾道市立美術館で、入賞者の表彰式がありました。

 

式には、入賞した小中・高等学校の児童生徒らおよそ30人と、最終審査を行なった、尾道出身の漫画家「かわぐちかいじ」さんが出席しました。

 

主催の尾道市文化振興課、向山成明課長が挨拶し、かわぐちかいじさんが「1こまの部」と「4こまの部」の入賞者に表彰状を手渡しました。

 

「1こまの部」の大賞は、栗原中学校2年生の細谷汰壱君の作品「ぼくは、ここにいる」で、お母さんのお腹の中にいた頃の話に感動し、子宮の中に宿った新しい命を黒鉛筆で表現しました。

 

「4こまの部」には、長江中学校2年生の清水奏海さんの「おめでとう」が選ばれました。補助輪を外して自転車に乗る事ができるようになった感動を描いています。

 

講評でかわぐちさんは「感動という難しいテーマの中でもよい作品が多く集まった」と話し、「漫画を書くには想像力が大事、目を瞑って思い浮かべる事にチャレンジして」とアドバイスしていました。

 

今回は、市内の小中・高等学校を対象に、1コマと4コマの部に合わせて2055点の応募があり、入賞作品は、プロ野球広島東洋カープのリーグ優勝や、学校・家族の感動のストーリーを漫画にするなど、児童・生徒ならではの目線で描かれた力作が並んでいます。

 

作品展示は、尾道市立美術館で10月9日まで行なわれます。

「海と星空の映画祭」

「海と星空の映画祭」   2017年9月25日放送

 

親子で楽しむ野外上映イベント「海と星空の映画祭」が9月23日、JR尾道駅前緑地帯で開かれました。

 

当日は、駅前緑地帯に上映用のスクリーンやステージ、飲食ブースなどが設置され、日中のステージでは子ども達のダンスやベッチャー太鼓の演奏などが披露されました。

 

飲食ブースには、尾道ラーメンやお好み焼き、かんきつ類のフレッシュジュース、ビールやカクテルのほか、スーパーボウルすくいなどが並び、訪れた親子連れがのんびりとした時間を過ごしていました。

 

また、尾道と映画の繋がりを紹介するパネル展示や、手軽に映画の原理を知ることができるワークショップ、普段見る事が出来ないシネマ尾道の映写室などの見学会もあり、参加した子ども達は楽しそうに映画の仕組みや映画館の裏側について学んでいました。

 

日が落ちると、メインイベントの上映会が開かれ、市内の子ども達が映画教室で制作した作品3本とアニメーション映画「河童のクゥと夏休み」の上映が行われました。

 

スクリーンの前には、親子連れや子ども達が大勢集まり、開放的な雰囲気の中で映画鑑賞を楽しんでいました。

 

このイベントは、映画のまちとも言われる尾道の子ども達に、屋外での映画鑑賞などを通じてより映画に親しんでもらおうと尾道青年会議所が初めて開催しました。

救急功労者総務大臣表彰

救急功労者総務大臣表彰   2017年9月22日放送

 

2017年度救急功労者総務大臣表彰を受けた尾道総合病院 病院長代行の瀬浪正樹医師が9月22日、市長室を訪れ平谷裕宏尾道市長に受賞を報告しました。

 

この表彰は、15年以上にわたって救急業務の推進に貢献した人を対象に選ばれるもので、瀬浪医師は、長年 尾道市をはじめ尾三圏域の救急医療体制の強化に取り組んでいることなどから今回表彰を受けました。

 

報告を受けた平谷市長は「受賞は長年の功績の賜物、今後も地域の救急医療への協力をお願いしたい」と祝福し、瀬浪医師は「推薦を頂いた事で、このような表彰を頂き有難い」と話していました。

 

瀬浪医師は、尾道総合病院地域救命救急センター長として、地域の救急医療体制の強化に取り組み、尾三圏域の救急隊員の教育や、幅広い地域から救急救命士の病院実習を受け入れるなど救急医療の充実を図っています。

 

今年度は瀬浪医師を含め、全国から14人の個人と1団体が救急功労者の総務大臣表彰を受けました。

秋の全国交通安全運動

秋の全国交通安全運動   2017年9月22日放送

 

秋の全国交通安全運動の尾道での開始式が20日、向島町のハローズ向島店 駐車場で実施されました。

 

式には、尾道警察署や尾道交通安全協会の他、尾道市や関係団体から合わせておよそ100人が参加しました。

 

澤田昌文(さわだまさふみ)尾道市副市長に続いて挨拶した尾道署の濱田紀之(はまだのりゆき)署長は「通学路や交差点での見守りなど、日々の活動が事故の減少につながると考えている。今後とも皆さんのご協力をお願いしたい」と述べました。

 

その後、式の会場となったハローズ向島店 店長の株本直樹(かぶもとなおき)さんが参加者たちに交通安全を呼びかけ、全員で店内の買い物客にチラシなどを手渡し、交通事故防止を啓発しました。

 

尾道警察署管内の負傷者を伴う交通事故発生件数は、7月末現在165件で、1人が亡くなっていますが、昨年と比べると発生件数、死亡者数ともに減少しています。

 

2017年秋の全国交通安全運動の期間は9月21日から30日までの10日間で、

子どもと高齢者の安全な通行や、夕暮れ・夜間の交通事故防止、シートベルトとチャイルドシートの正しい着用、飲酒運転の根絶の4つを重点に運動が展開されます。

エイジレス章 伝達式

エイジレス章 伝達式 2017年9月22日放送

 

年齢にとらわれず、自由でいきいきとした生活「エイジレス・ライフ」の実践者に贈られるエイジレス章を受章した、美ノ郷町三成の東風上 薫さんへの伝達式が9月22日、尾道市役所でありました。

 

エイジレス章は、高齢社会におけるいきいきとした生き方の事例を広く紹介し、国民の参考にしてもらおうと内閣府が個人や団体に贈っているものです。

 

伝達式では、平谷 祐宏尾道市長から東風上さんへ書状と記念盾が手渡されました。

 

東風上さんは、尾道市の介護予防教室「おのみち元気塾」の運動機能向上トレーニングの専任講師として2007年から活動を続けていて、74歳の現在も精力的に取り組んでいます。

 

また、塾を卒業した人を対象とした「フォローアップ教室」も主宰している他、地域サロンの体操教室や健康寿命に関する講演会の講師を務めるなど多方面で活躍しています。

 

平谷市長は「今後も尾道市のエイジレス・ライフの見本として活躍してほしい」と話し、東風上さんは「受章を機に、多くの人がいきいきとした生活を送る手助けをしたい」と話していました。

 

今年度のエイジレス章は全国で55件選ばれました。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
214ページ中1ページ目