HOME > ニュース・情報コーナー > 「ヒップホップ」をたのしもう

ニュース・情報コーナー

「ヒップホップ」をたのしもう

「ヒップホップ」をたのしもう    2013年4月2日放送

 

しまなみ交流館1階の市民ギャラリーで20日、「ヒップホップをたのしもう」と題したダンス発表会が開かれ、約320人が来場しました。

 

日頃の練習の発表の場として開催されたダンス大会には長江3丁目のスタジオPick(ピック)、福山のF・Rose(エフ・ローズ)エンターテイメントスタジオ、STUDIO LADY BUG(スタジオ レディー バグ)、の3団体約100人が出場し13曲のストリートダンスを披露しました。

 

発表が終わると、スタジオPickのインストラクターを務めている井倉圭悟(いぐらけいご)さんがヒップホップダンスの歴史や楽しさなど、実演を交えて講演しました。

 最後に、県内のイベントなどで活躍している女性2人の「2(ツー)フェイス」やサラリーマン男性5人の「エリーと馬」が登場し、ハイレベルのダンスパフォーマンスを披露しました。

 

ステージで発表した小学6年の山本蛍太(やまもとけいた)君の母親の有紀(ゆき)さんは「楽しかった、息子も最後に披露したダンサーのように踊れるようになってほしい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿