HOME > ニュース・情報コーナー > U2 さつき作業所 チョコ開発

ニュース・情報コーナー

U2 さつき作業所 チョコ開発

U2と尾道さつき作業所 チョコレート企画販売 2015年2月5日放送

 

東御所町にある、ホテルやレストランなどの複合施設「ONOMICHI U2」で、地元の福祉施設と企画したチョコレートの販売が始まり、人気を集めています。

 

3月に開業1周年を迎える「ONOMICHI U2」では、施設を運営する「株式会社ディスカバーリンクせとうち」が、尾道の企業と共同開発した製品や、地元の食材を使った食べ物を販売し、地域活性化に取り組んでいます。

 

昨年9月から、発売している「バークチョコレート」は久山田町にある障害者の就労支援施設「尾道さつき作業所」と共同で開発したもので、レギュラータイプの「板チョコ」や口溶けが滑らかな「ショコラ」に加えて、1月からバレンタインデーに合わせた「ハート型のチョコレート」などが登場しています。

 

作業所の利用者と職員らが、カカオ豆の焙煎から包装まで、製造工程のすべてをこなしていて、特に焙煎したカカオの殻を手作業で丁寧に取り除いていることから、ほとんど殻が混ざらず雑味のない、クリアな味に仕上がっているということです。

 

又、チョコレートに混ぜる柑橘や蜂蜜なども尾道や瀬戸内地域のものを使用していて、商品のパッケージには、作業所の利用者が描いた絵を使ってるので、アート作品としても楽しめます。

 

 

バレンタインデーに合わせた「ハートチョコレート」など2つの商品は2月14日までの期間限定で販売されています。

 

詳しくは、ONOMICHI U2までお問い合わせ下さい。0848-21-0550 

月間アーカイブ

最近の投稿