HOME > ニュース・情報コーナー > 小林和作奨励賞 授与式

ニュース・情報コーナー

小林和作奨励賞 授与式

小林和作奨励賞 授与式 2015年2月9日放送

 

2014年度小林和作奨励賞の授与式が8日、西土堂町の尾道市立美術館で行われました。

 

受賞した尾道市立大学大学院美術研究科油画コース1年の松﨑葵さんに賞状と奨励金などが贈られました。

 

小林和作奨励賞は、尾道市の美術振興に貢献することが期待できる若手美術家として、尾道市立大学大学院 美術研究科の学生を対象に贈られる賞で、尾道市の名誉市民、小林和作画伯の夫人の敏子さんから寄せられた寄付金を活用して尾道市教育委員会議などで決定します。

 

賞状と奨励金30万円を受け取った松﨑さんは「これまで指導くださった先生方や穏やかな制作環境を与えてくれた尾道の街のおかげです」と感謝の言葉を述べていました。

 

松﨑さんは兵庫県たつの市出身で24歳、植物や身の回りの風景などを元に空想した独特の絵画を柔らかい色彩で描く、世界観や将来性が評価されました。

 

 

市立美術館では15日まで、松﨑さんの作品が展示されます。

月間アーカイブ

最近の投稿