HOME > ニュース・情報コーナー > 市 病院事業管理者

ニュース・情報コーナー

市 病院事業管理者

尾道市病院事業管理者 配置 2015年2月17日放送

 

尾道市は空席となっていた病院事業管理者に岡山大学大学院保健学研究科教授で研究科長の片岡幹男氏を決定しました。

 

片岡氏は、昭和50年に岡山大学医学部を卒業し、アメリカの大学に内科医として留学した経験があるほか、ほぼ一貫して岡山大学医学部の関係部署に勤務し、活躍して来ました。

 

片岡氏の就任で、人脈を活かした医師確保が期待され、尾道市立市民病院とみつぎ総合病院の2つを大局的な立場から指導するとしています。

 

尾道市は、前の病院事業管理者を市民病院の運営手法などを巡り罷免し、2013年5月からポストが空席となっていました。

月間アーカイブ

最近の投稿