HOME > ニュース・情報コーナー > アンジュヴィオレ 市長訪問

ニュース・情報コーナー

アンジュヴィオレ 市長訪問

女子サッカー アンジュヴィオレ広島 選手 市長訪問 2015年2月26日放送

 

女子サッカーの「なでしこリーグ2部」に属する地元広島のチーム「アンジュヴィオレ広島」の選手2人が、23日、平谷市長を表敬訪問しました。

 

市役所を訪れたのは、アンジュヴィオレ広島の新人、赤嶺美月選手と赤城史香選手で、5月にびんご運動公園陸上競技場で行われるホームゲームのPRや、女子サッカーの今後など、市長と意見交換をしました。

 

アンジュヴィオレ広島は2012年に誕生したチームで、2013年には、全試合無失点で勝利し、中国リーグ優勝と、チャレンジリーグへの昇格を果たしました。2014年度はチャレンジリーグ16チーム中10位の成績で、今年は新しく再編される「なでしこリーグ2部」への参戦が決まりました。

 

県内になでしこリーグを目指す地元チームが無く、実力のある高校の女子サッカー部の優秀な選手たちは県外の大学やクラブチームへ流れていましたが、現在は、県外でプレーしていた選手が地元に戻って入団し、地元企業に就職するなど、地域との結びつきを深めています。

 

びんご運動公園でのホームゲームは5月17日、陸上競技場で行われます。みんなで応援しましょう。