HOME > ニュース・情報コーナー > 高等学校 合同演奏会

ニュース・情報コーナー

高等学校 合同演奏会

尾道ライオンズクラブ主催の第34回高等学校合同演奏会が15日、東御所町の「しまなみ交流館」で開かれました。

 

恒例のイベントになっているこの演奏会には、尾道東高校、尾道商業高校、尾道北高校、尾道中学校高等学校の吹奏楽部が出場。ゲスト出演として高西中学校、長江中学校、久保中学校、向島中学校も加わり演奏しました。

 

尾道東高校は、高西中学校吹奏楽部と演奏し「ようかい体操第一」など3曲を演奏、ユニークな曲と踊りで会場を沸かせていました。

 

尾道商業高校は、長江中学校音楽部と登場し、スターリージャーニーなど4曲を披露、雄大で美しい旋律を持った曲や印象的なフレーズの曲がおりまぜられ、訪れた人が聞き入っていました。

 

尾道北高校は久保中学校ブラスバンドンド部と演奏し、ラプソデー・イン・ブルー、GUTS!、サウンド・オブ・ミュージックを演奏、特に「GUTS!」は、ぬいぐるみでのダンスもあり、会場も盛り上がっていました。

 

尾道学園音楽部は、向島中学校ブラスバンド部と出演、おなじみの曲を演奏して楽しい雰囲気となっていました。

 

最後の合同演奏では、総勢155人が名曲「Belive」を合唱、迫力のある「アフリカン・シンフォニー」を合奏しました。

 

訪れた人は、「年々演奏のレベルが上がり、聴きに来るのが楽しみです」と話していました。

 

演奏会の様子は、4月27日から放送予定です。お楽しみに!