HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道市議会総体質問 1日目

ニュース・情報コーナー

尾道市議会総体質問 1日目

尾道市議会 総体質問 1日目 2015年3月4日放送 

 

尾道市議会は4日、総体質問を行い、4人の議員が登壇しました。

 

市民連合の城間和行議員は、中国横断自動車道・尾道松江線の全線開通について質問しました。平谷祐宏市長は「就任して以来8年間、建設を促す期成同盟会の会長として取り組んできたので、22日午後5時に全線開通を迎えることになり心から嬉しい。企業立地の促進について、今後の産業団地の整備は、農地転用が可能なインターチェンジ周辺の小規模な土地を含めて検討している」と述べました。

 

新風クラブの杉原孝一郎議員は、「市役所本庁舎整備計画」について、反対の立場から言及し、平谷市長は「耐震改修を行っても建物の寿命は延びず、費用も33億から40億円程度必要であり、大きな費用の削減にはつながらない。公会堂の老朽化や使用状況なども考え、本庁舎と支所も合わせて建て替えが最も適切であると判断した。現在、新庁舎の整備に向けて設計者の選定を行っている」と答えました。

 

午後からは、親和会山根信行議員と誠友会吉和宏議員が質問し、山根議員は、国の「地方創生」施策の尾道への波及についてなど尋ねました。

 

平谷市長は「2月の補正予算などで、4億円あまりの地域活性化予算を組んでいる。市内の商店で使用できるプレミアム付き商品券を発行するなど、速やかに進めたい」と答えました。

 

又、尾道市の年間の商品販売額が低迷している要因について市長は「景気の低迷やインターネット販売の増加などで市内の販売額が減少している」とのデータを示し「プレミアム付き商品券を活用して増加に努めたい」と述べました。

 

吉和議員は「道の駅クロスロードみつぎの活用」についてなど尋ね、平谷市長は「目的を持って訪れてもらう道の駅にしたい」とリニューアルの目的を述べ「レストランは地元野菜を中心としたビュッフェスタイルに、野菜市の休みは週1回から月1回に変わる予定で、広島県や地域の団体と連携を深めて、地域の核として機能させたい」と答えました。

 

5日も引き続き総体質問が行なわれ、本日の議会の様子は、午後9時から再放送します。

月間アーカイブ

最近の投稿