HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道市立大学 学位記授与式

ニュース・情報コーナー

尾道市立大学 学位記授与式

尾道市立大学の学位記授与式 2015年3月24日放送

 

尾道市立大学の学位記授与式が23日、東御所町のしまなみ交流館でありました。

 

経済情報学科208人、日本文学科49人、美術学科52人と大学院生16人が卒業・修了の日を迎え、教授や保護者らが見守る中、各学科の代表者に学位記が手渡されました。

 

式辞で中谷武学長は「学ぶ姿勢でチャレンジ、楽しむことの大切さ、世の中に関心を持ち考える人になってほしい」と3つの言葉を贈り「おおいに頑張って尾道市立大学の名前を高めて下さい」と激励しました。

 

学業優秀者8人と、美術活動などで活躍した5人に学長賞が授与され、課外活動やクラブ活動などで頑張った学生らに学長奨励賞が送られました。

 

卒業生代表の大谷彩暉さんは「4年間の学びを携えて今日からまた、様々なことを学んで行きたい」と決意を語り、修了生代表の喜來詩織さんが「尾道で出会った大勢の方に深い感謝を込めたい」と謝辞を述べました。

 

尾道市立大学卒業生の内、就職希望者は260人、内定者数は235人で内定率は90.4%、大学院生の内定率は83.3%です。