HOME > ニュース・情報コーナー > ベイタウン組合会館 内覧会

ニュース・情報コーナー

ベイタウン組合会館 内覧会

ベイタウン尾道組合会館 内覧会 2015年3月31日放送

 

「協同組合ベイタウン尾道」の新しい組合会館が東尾道に完成し、3月26日内覧会が開かれ、およそ130人が訪れました。

 

およそ5600平方メートルの敷地に、鉄骨2階建、延べ1500平方メートルの会館を建て、1階に組合事務室と放課後児童クラブ、子育て支援センターなどが入ります。

 

2階は、市東部地域包括支援センターが入居する他、大会議室や中、小の会議室が6室あります。また、駐車場は165台が収容できます。

 

組合の事務室と東部地域包括支援センターは既に業務を始めていまが、放課後児童クラブと子育て支援センターは4月上旬にオープンの予定となっています。

 

ベイタウン尾道は2008年度に再整備事業に着手し、組合会館のほか、冷凍倉庫や給油所をリニュウーアルしていて、これまでの事業費は9億6千万円ほどかかっています

 

福井弘理事長は「地域の皆さんに利用いただける機能や、子育て支援など公的施設を含む会館として建設しました。多くの皆さんが安心して働き、次世代を育むことができる街づくりを進めて行きたい」と話していました。