HOME > ニュース・情報コーナー > タコマ仏教会 100周年

ニュース・情報コーナー

タコマ仏教会 100周年

 タコマ仏教会 100周年 2015年4月3日放送

 

アメリカ合衆国ワシントン州のタコマ市にある寺院「タコマ仏教会」の関係者らが28日、木ノ庄町の永正寺を訪れました。

 

「タコマ仏教会」は、明治時代に多くの日本人が移民したタコマ市にある浄土真宗の寺院で、今年100周年を迎えます。

 

その記念行事として寺の門徒ら20人が尾道旅行に訪れ、現在タコマ仏教会の住職を務める柿原興乗さんの実家である永正寺に立ち寄りました。

 

尾道を訪れた日系3世を中心とした人たちは、永正寺の客間で和食を食べたり、日本の伝統芸能を鑑賞したりして楽しんでいました。

 

海外での宗教活動を志し、アメリカに渡っている柿原さんは、「アメリカでは、毎週お経を読む会を行なっていて、熱心な人たちが多いです。旅行を楽しみながら日本の良さも感じてほしい」と話していました。

 

参加者らは「日本流のおもてなしと伝統芸能を楽しむことが出来た、日本の人たちとも楽しく交流できて良かった」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿