HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道市「日本遺産」認定

ニュース・情報コーナー

尾道市「日本遺産」認定

尾道市「日本遺産」認定

 

尾道市は、歴史的な文化財を世界に発信するための制度「日本遺産」に認定されました。

 

「日本遺産」は、文化財の活用を目指す文化庁の制度で、点在する様々な文化財をつないだ歴史ストーリーを対象に申請を受付けています。

 

2015年度は、尾道市を含む18件が「日本遺産」に認められました。県内では唯一の認定です。

 

尾道市のテーマは「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」で、市街地と向島の間にある尾道水道、中世の寺院や近代化遺産、迷路のような路地が集積した歴史的な都市と、その景観などが評価されました。

 

認定後は、PRや整備などに国の補助を受けることが出来るため、尾道市は「尾道ブランド」の強化を図るとともに、情報の発信や環境整備などの事業に取り組んでいきます。

 

市長は、認定により国内外からの観光客の増加が期待できるとして「地域資源を活用し、活力あるまちづくりに全力で取り組みたい」としています。

月間アーカイブ

最近の投稿