HOME > ニュース・情報コーナー > 市議会 議長・副議長選挙

ニュース・情報コーナー

市議会 議長・副議長選挙

尾道市議会 議長・副議長選挙 2015年5月20日放送

 

尾道市議会の臨時議会が20日開かれ、議長・副議長・監査委員が決まりました。

 

議長に立候補したのは、創生会の新田賢慈議員、誠友会の高本訓司議員、日本共産党の魚谷悟議員の3人で、臨時議会前に開かれた全員協議会で立候補に当たる所信を述べました。

 

新田議員は「尾道市議会の伝統を継承する中で議会改革を進めたい。市のチェック機関としての機能強化、議案立案能力の強化も図りたい」と話しました。

 

高本議員は、少子高齢化や災害対策、地方創生など、現在市が直面している課題を上げ「開かれた分かりやすい議会を目指し、皆さんの意見を聞きながらそれぞれの課題に取り組みたい」と語りました。

 

魚谷議員は、開かれた議会づくり・市民との連携を進める為の情報提供・政務活動費の公開の3点を柱に「現在ある議会基本条例に魂を入れていきたい」と出席した議員らに呼びかけました。

 

臨時議会で行なわれた議長選挙では、誠友会の高本訓司議員が29票中15票を獲得し68代目の議長に選出されました。

 

副議長選挙では、市民連合の山戸重治議員が15票を獲得し、第79代副議長に選出されました。

  

監査委員には、公明党の荒川京子議員が決まりました。本日20日の臨時議会の様子は午後9時から再放送します。

 

 

月間アーカイブ

最近の投稿