HOME > ニュース・情報コーナー > 書の祭典inおのみち

ニュース・情報コーナー

書の祭典inおのみち

JAPAN ART 書の祭典inおのみち 2015年5月23日放送

 

日本の伝統文化である「書道」の普及を目指す展示会「JAPAN ART 書の祭典inおのみち」が22日(土)から24日(月)まで、しまなみ交流館で開かれています。

 

尾道在住の書家、林桂翠さんの主宰する「桂交会」を中心とした実行委員会の主催で、およそ70点の書作品が展示されています。

 

会場には、尾道ゆかりの作家、志賀直哉と林芙美子の本の一節や、尾道の俳句作家、吉原一暁さん、尾道の郷土史家、財間八郎さんの俳句や文を綴った作品、さらに尾道の吉備津彦神社の「ベッチャーまつり」の書など、日本の文化や尾道を感じられる展示内容となっています。

 

その他にも、古代文字で書いたものや、自作の短歌をしたためた作品など個性的な書も多数展示されています。

 

展示会は、24日まで東御所町のしまなみ交流館「市民ギャラリー」で午前9時から午後6時まで開かれています。

 

24日午後1時からは、交流館前の広場で「書道パフォーマンス」が行なわれ、小学生や桂交会の会員、外国人らが大きな紙に文字を書く予定です。

 

林桂翠さんは「尾道には外国からも沢山の観光客が訪れます、書を通じて日本の伝統文化の発信と国際交流を図りたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿