HOME > ニュース・情報コーナー > 吉和小学校 春季大運動会

ニュース・情報コーナー

吉和小学校 春季大運動会

吉和小学校 春季大運動会 2015年5月27日放送

 

東元町の尾道市立吉和小学校で24日、春季大運動会が行われました。

 

今年の運動会は「全力勝負!全力応援!出しつくせ吉和魂!」というテーマで、午前・午後の部と合わせて、21種目の演技が行われました。

 

開会式の後、全員参加によるラジオ体操第一や学年別の徒競走に続き、2年生が色つきの軍手をつけて踊る「元気いっぱい2年生!レッツダンス」や、地域の方も参加した1年生の「玉入れ」が行われ、児童たちが笑顔でかわいい演技を披露しました。

 

午後の部では、みなと祭りで5・6年生が披露した「ええじゃんSANSAがり」踊りを3・4年生が披露し、上級生に負けない力強い踊りに保護者から大きな拍手が送られました。

 

その後、学年別の種目に続き、5・6年生による「ふるさと吉和の海と鳴滝山」というテーマの組体操が行われ、海の波を表現した6人技の扇や、鳴滝山を表現したピラミッドなど迫力のある演技を披露しました。

 

また、今年のみなと祭り「ええじゃんSANSAがり」の小学校部門で吉和小学校が優勝した記念に、尾道市のゆるキャラ「ええにゃん」が会場に登場し、踊りなどを披露して会場を盛り上げました。

 

津田秀司校長は「運動会を成功させるために全学年が協力して準備や練習を行ってきました。運動会が成功したのは子ども達の努力のおかげです」と話していました。