HOME > ニュース・情報コーナー > 御調高校Web交流

ニュース・情報コーナー

御調高校Web交流

御調高校 台湾の生徒とWeb交流 2015年5月29日放送

 

御調高等学校の生徒が22日、姉妹校提携を行っている、中華民国新北市立秀峰高級中学から尾道へ短期留学する学生とweb会議システムを利用して交流しました。

 

 

この日は、留学生を受け入れる9つの家族が御調高校に集まり、担当の教師から説明を受けた後、インターネットを使ってそれぞれの家庭に留学する台湾の生徒と、趣味や食事の好みなどを話し、交流しました。

 

 

御調高校に通う3年の加下瑠南さんは3人を受け入れる予定で、「アニメやまんがなど趣味が同じで、今から楽しみです」と話し、昨年11月に秀峰高級中学に留学した廿枝真由さんは、「留学してお世話になったのでお返しをしたい」と話してました。

 

尾道に来るのは、日本語学科に通う15人で、6月4日から14日まで滞在し、台湾と日本についての理解を深め日本語を学びます。

 

秀峰高級中学校は、中学・高校合わせて69クラスの大規模校です。御調高校と同じくソフトボールに力を入れていて、オリンピックで活躍した選手が、監督などをしています。