HOME > ニュース・情報コーナー > 合同避難訓練

ニュース・情報コーナー

合同避難訓練

合同避難訓練  2015年6月10日放送

 

向島認定こども園と向島中央小学校、向島中学校の児童生徒らおよそ1000人が参加した合同避難訓練が6日、向島町一帯で行われました。

 

訓練は、震度6の地震で、最大3メートルの津波が発生することを想定して行われ、初期対応から避難場所への移動の流れを確認しました。

 

向島中学校では、地震発生後生徒たちがグラウンドに集まり、教職員の指示を受け緊急避難場所に指定されている向島中央小学校へ移動しました。

 

生徒らは、途中認定こども園の園児と合流すると、子ども達の手を取って避難場所まで誘導していました。

 

この取り組みは、防災に対する意識を地域ぐるみで高めようと、各学校とこども園を中心に昨年から行われているもので、今年は尾道市役所や尾道消防署向島分署、尾道警察署なども参加しました。

 

訓練後、向島中学校の小川美樹校長は「万が一の時には、この場所に地域の人たちも大勢避難してくる、そういったことも考えながら行動できるようにしましょう」と呼びかけていました。

月間アーカイブ

最近の投稿