HOME > ニュース・情報コーナー > 平原区画整理 記念碑

ニュース・情報コーナー

平原区画整理 記念碑

平原区画整理 記念碑  2015年6月16日放送

 

1994年の工事着工以来、20年以上に渡って行われてきた平原土地区画整理事業の完了を祝う記念碑の除幕式が5日、平原1丁目で開かれました。

 

式には、平原土地区画整理組合の組合員や来賓の平谷祐宏市長らおよそ20人が出席しました。組合の島田義寿理事長は挨拶で、バブルがはじけたことで組合員に賦課金を収めてもらったことなどに触れ「事業の経緯を考え、派手な式典は控えさせて頂いた。記念碑も諦めていたが、有志から資金提供があり立派なものを作ることができた」と述べました。

 

式ではその後も、来賓のあいさつなどがあり関係者の手で記念碑を除幕し、事業の完了を祝いました。

 

平原土地区画整理事業は1994年3月に着工、2000年3月に完成しました。

208億円の事業費をかけ施工面積およそ63.5haに1080区画を整備し、現在は3300人以上が住む団地が形作られています。

月間アーカイブ

最近の投稿