HOME > ニュース・情報コーナー > 介護ロボ実演会

ニュース・情報コーナー

介護ロボ実演会

介護ロボ実演会  2015年6月17日放送

 

世界初の介護支援ロボットの実演会が11日、久保町の尾道福祉専門学校でありました。

 

実演会で披露されたのは、医療福祉機器などの研究開発をおこなうサイバーダイン株式会社のロボットHALで、当日は市内の介護保険事業所などから120人以上が見学に訪れました。

 

会場では、介護を行う側が腰に装着して使用する「支援用タイプ」と呼ばれるロボットを使い、車いすに乗った人を抱き上げる動作などでロボットの動きを実演しました。

 

担当者の説明によると、ロボットは使用者の動きを生体信号として感知し、作業に必要な力のおよそ40パーセントをサポートする仕組みで、介護する際の腰痛防止や現場での負担軽減によるモチベーション向上につながると話していました。

 

市内の介護保険事業所に勤めているという参加者の女性は「介護の現場では特に腰に負担がかかる作業が多いので、とても興味深かった」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿