HOME > ニュース・情報コーナー > 6月議会閉会

ニュース・情報コーナー

6月議会閉会

6月議会閉会 2015年6月30日放送

 

尾道市議会6月定例会は30日、最終日を迎え、総額およそ1,400万円を増額する一般会計補正予算案など30議案を可決しました。

 

一般会計補正予算の主なものは、日本遺産に認定されたことに伴い設立された「尾道市歴史文化まちづくり推進協議会」への負担金4,900万円などです。

 

任期満了に伴う、教育委員の任命について、潮見町のなかた美術館館長中田冨美さんを再任。公平委員に西土堂町「持光寺」の松岡昭禮住職を再任し、監査委員には御調町の尾道しまなみ商工会前会長、内海和男さんに新しく決まりました。

 

中央省庁などに送る意見書は、「働き過ぎの防止と良質な雇用の確立を求める意見書」「認知症への取り組みの充実強化に関する意見書」など5つを可決しました。

 

又、しまなみ海道の橋や渡船などの航路を含めた市民の生活道路に関する調査を行なう特別委員会が設置され、委員長は福原謙二議員、副委員長は星野光男議員となりました。

 

議会の様子は、30日午後9時から再放送します。