HOME > ニュース・情報コーナー > 椿原さん作画展

ニュース・情報コーナー

椿原さん作画展

椿原さん作画展 2015年8月24日放送

 

因島出身の道釈画家、七類堂天谿(しちるいどう てんけい)さんの下で研鑽を積んだ、椿原燕鳥笑(つばきはら えんしょう)さんの作画展が31日まで、土堂2丁目「Tea Room リオ」で開かれています。

 

展示されている椿原さんの作品は、七類堂さんのイラストレーションを踏襲したものがメインで、西洋と東洋の世界観を組み合わせた独特の作風が特徴です。

 

題名「受胎告知」や「ヨハネの黙示録」、「ダニエル書」など23点が並び、訪れた人が、熱心に見入っていました。

 

兵庫県出身の椿原さんは、およそ6年前、大阪芸大大学院で日本画を学んでいた時に、七類道さんの個展を見て弟子入り、大学院を中退して尾道の七類堂さんの下で作画に励んで来ました。

 

寺院での作画の仕事で七類堂さんが京都に活動の場を移したのに合わせ、近く関西に移住する予定で、尾道への感謝の気持ちを込めて個展を開催しました。

 

椿原さんは「西洋と東洋の融合、そして墨の表情を見ていただければ」と話していました。

 

会期は8月31日まで、日曜日は定休です。