HOME > ニュース・情報コーナー > 電灯清掃ボランティア

ニュース・情報コーナー

電灯清掃ボランティア

電気工事工業組合 電灯清掃ボランティア 2015年8月27日放送

 

広島県電気工事工業組合尾道支部の組合員らが26日、栗原町のびんご運動公園の電灯清掃ボランティアを行いました。

 

この清掃活動は、8月の電気使用安全月間に合わせて毎年行われているもので、今年で10回目になります。

 

清掃には組合員や支部の青年部員らおよそ20人が参加し、6班に分かれて、公園内の多目的広場周辺の歩道にある外灯や、スポーツセンターの外壁についている電灯などおよそ150灯を点検し清掃しました。

 

4mほどの高さにある電灯は、高所作業車2台を使って周りのゴミやクモの巣などをホウキで取り除き、カバーを外して中の電球やソケット、支柱などを雑巾で丁寧に磨いていきました。

 

青年部長の畑 和憲さんは「照明を清掃することでより明るくなり、防犯の役にも立てると思います。今後も市民の方に安全に利用してもらえるようにがんばりたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿