HOME > ニュース・情報コーナー > 翔龍会 クリスマス茶会

ニュース・情報コーナー

翔龍会 クリスマス茶会

翔龍会 クリスマス茶会 2015年12月22日放送

 

尾道市の光明寺で20日、翔龍会(しょうりゅうかい)主催のクリスマス茶会がありました。

 

これは、市民の交流の場を提供し、様々な企画を行っている翔龍会の主催で開かれた茶会で、クリスマスに近い事から洋風の趣向を取り入れた茶会となりました。

 

クリスマス飾りが施された茶室で、お茶が立てられ、点心には洋食が用意されました。

 

参加者がクリスマスツリーに1本づつ花を指して行き、最後にツリー全体を完成させるという趣向もあり、案内された人達や小学生がお茶や、和洋折衷の雰囲気を楽しみました。

 

その後、境内や本堂では、ヒップホップグループのダンスや、栗原小学校コーラス部による合唱、尾道で活躍をしている黒飛信二(くろとび しんじ)さんのギター演奏があり、訪れたおよそ100人が大きな拍手を送っていました。

 

主催した、翔龍会(しょうりゅうかい)代表の宇根本 茂(うねもと しげる)さんは、「、お茶や、お花、書道、ダンスなど色々なことをしている。この活動が、尾道市の文化の向上に少しでも役に立てれば嬉しい。」と話していました。

 

月間アーカイブ

最近の投稿