HOME > ニュース・情報コーナー > 特殊詐欺対策会議

ニュース・情報コーナー

特殊詐欺対策会議

特殊詐欺対策会議 2015年6月11日放送

 

久保1丁目の公会堂別館で10日、特殊詐欺の被害を抑えることを目的とした対策会議が開かれました。

 

この会議は、市内で特殊詐欺の被害が連続して発生していることを受けて行われたもので、尾道警察署や警察署管内防犯組合連合会など9団体およそ30人が参加しました。

 

会議では、広島県警察本部 減らそう犯罪 情報官の谷本剛さんが、スクリーンに資料を映しながら、県内で実際に起きた特殊詐欺などを紹介し、詐欺の手口や認知件数の推移などについて説明しました。

 

尾道市内では今年に入ってから6月10日までで、7件、およそ3680万円の特殊詐欺被害が発生しています。

 

尾道署は詐欺の被害を確認するチェック表を、市内の金融機関に配布していて、会議では市民の認識を高めるため、尾道市へも広報活動の協力を呼び掛けていました。

 

また尾道署によると5月26日から6月10日までの間に、市内で33件のなりすまし電話があり、ほとんどが尾道北高校出身者に偏っていることから、同窓会名簿を悪用されている可能性が高いと注意を促していました。

月間アーカイブ

最近の投稿