HOME > ニュース・情報コーナー > 因北小学校に車椅子を贈呈

ニュース・情報コーナー

因北小学校に車椅子を贈呈

小さな親切運動から因北小学校に車椅子を贈呈 2016年1月28日放送

 

 

公益社団法人「小さな親切」運動から尾道市立因北小学校に車椅子の寄贈があり1月20日、贈呈式が行なわれました。

 

小さな親切運動尾道支部の柿本真弓副支部長が教育会館を訪れ、早間貴之因北小学校長に車椅子1台を引き渡しました。

 

車椅子は、取り回しの簡単な軽量型で、子どもも操作し易い形になっています。
柿本副支部長は「怪我をした生徒が使用するだけでなく、他の生徒らに介助の心も学んでほしい。愛を育ててください」と話し、早間校長は「みんなで活用できるようにしたい。小さな親切の理念を頂きました」と答えていました。

 

その後、車椅子の使い方を柿本副支部長が佐藤昌弘尾道市教育長や早間校長らに説明し、地域の情報交換をしながら和やかな贈呈式となりました。

 

小さな親切運動からは、2004年度からこれまでに市内の小学校6校と中学校8校に車椅子が寄贈されていて、今回で15台目となりました。

月間アーカイブ

最近の投稿