HOME > ニュース・情報コーナー > 新開地区 活性化事業

ニュース・情報コーナー

新開地区 活性化事業

新開地区 活性化プロジェクト 2016年1月29日放送

 

市内有数の歓楽街、新開の活性化を目指す「新開BISHOKU×観光プロジェクト」の第1回ワークショップが1月23日(土)に行われました。

これは、新開地区で、年間50万人が訪れるスペインのサンセバスティアンという町をモデルにした取組を進めることで、観光客の拡大を目指すものです。

 

今回は、新開地区の飲食店などに立ち寄り、店の人と交流しつつ街を視察する内容で、市内をはじめ県外の尾道移住希望者などおよそ25人が参加しました。

 

はじめに立ち寄った向井酒店では、広島県産のお酒を味わいつつ、参加者同士で交流し、店の人からお酒の特徴や店内の作りなどについて話を聞きました。

 

サンセバスティアンは、気軽に立ち寄れる「バル」という店舗が並び、世界中から多くの観光客が訪れます。

 

この取り組みは、近年訪れる人が減少している新開地区を、サンセバスティアンのように飲食店で盛り上げようと企画され、参加者からは、「昔ながらの歓楽街の雰囲気が出ていて良い」という感想や、「案内所があれば観光客にも分かりやすい」などの意見が挙がりました。

 

プロジェクトでは1月から3月まで計4回のワークショップを行い、街歩きをしながら飲食店の人と交流したり、講演会などを開いたりします。2回目は2月20日(土)に行われる予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿