HOME > ニュース・情報コーナー > 三体神輿の郷土玩具作り

ニュース・情報コーナー

三体神輿の郷土玩具作り

三体神輿の郷土玩具作り 2016年3月22日放送

 

尾道市立大学の学生らが企画した「三体神輿の郷土玩具作り」が3月5日、久保2丁目の八坂神社で開かれました。

 

三体神輿の玩具は、八坂神社の例祭 三体廻しで担がれる神輿を象ったもので、尾道で古くから親しまれてきました。

 

今回の企画は、神社がある南久保地区の住人に地域ゆかりの玩具を知ってもらおうと行われたもので、当日は地区に住む親子など7人が参加。地域活性化を目指して大学生らで作るグループ「尾道【楽・学】サロン」のメンバーが作り方などを説明しました。

 

参加者らは、神輿の各部位に分かれた木材を接着剤を使って組み立て、絵の具でそれぞれ好きな色を塗っていきました。

 

絵の具が乾くと、神輿の屋根に巴紋のシールを貼り、ニスを塗って仕上げました。

 

参加した子ども達は真剣な表情で玩具を作っていました。

 

「尾道【楽・学】サロン」は、尾道の活性化に繋がる取り組みを企画していこうと、尾道市立大学の学生15人で作られた団体です。

 

この日は、八坂神社をメイン会場に、地域の街巡りをするツアーや、美術学科の学生による似顔絵体験なども行われました。

月間アーカイブ

最近の投稿