HOME > ニュース・情報コーナー > ロープウェイ40万人

ニュース・情報コーナー

ロープウェイ40万人

千光寺山ロープウェイ乗客40万人  2016年3月29日放送

 

2015年度の千光寺山ロープウェイの乗客数が40万人を超え、3月29日に記念のセレモニーが行われました。

 

40万人目の乗客は、倉敷市から訪れた小学校6年生の森口心さん12歳です。小学校の卒業記念に友達の佐伯花音さんと、尾道を訪れた森口さんは、ロープウェイ山頂駅で、平谷祐宏尾道市長と、ミス尾道の末永沙与さんから歓迎の言葉をかけられ、嬉しそうにしていました。

 

千光寺山展望台の下でセレモニーがあり、平谷市長が40万人目の認定証を末永さんがおのみちバス提供の、尾道土産の詰め合わせを贈りました。

 

尾道のネコに遭いに来たという2人は、斜面地を散策して、尾道ラーメンを食べたいと話していました。

 

千光寺山ロープウェイは、1957年3月25日に開業。全長は365mで、千光寺山の麓から山頂をおよそ3分で結んでいます。

 

40万人以上の利用は、開業した翌年度に記録した43万351人以来で、58年ぶりの突破となりました。開業からの累計乗客数は1446万人です。