HOME > ニュース・情報コーナー > 「ぽかぽか」開所式

ニュース・情報コーナー

「ぽかぽか」開所式

「ぽかぽか」開所式   2016年3月31日放送

 

尾道市の子育て支援の拠点として3月30日、子育て世代包括支援センター「ぽかぽか」が門田町の総合福祉センター内に開所しました。

 

福祉センターのロビーで開かれた開所式には、子ども連れの母親や来賓、関係者などおよそ60人が参加。平谷祐宏市長が「尾道の子育ての拠点として、皆さんに愛される場所にしていきたい」と述べ、参加者らと共に看板を除幕してオープンを祝いました。

 

「ぽかぽか」では、妊娠中から育児の時期まで切れ目なく子育てをサポートする為、常駐の助産師・保健師・栄養士・保育士・臨床心理士が連携して、子育てや子どもの発達などに関する相談・支援を行います。

 

具体的には、センターの窓口で母子健康手帳を交付する時から、専門の職員が対応するほか、親子連れでも利用しやすいよう、福祉センター2階にキッズスペースを併設した相談室を新たに設置。窓口業務以外にも、専用電話で幅広い相談に対応します。

 

尾道市健康推進課では、「妊娠、出産、子育ての相談場所として気軽に利用してほしい」と話しています。

 

ぽかぽか専用電話は0848-36-5003です。