HOME > ニュース・情報コーナー > パッチワーク展

ニュース・情報コーナー

パッチワーク展

横山泰子さんのパッチワーク教室 作品展 2016年4月28日放送

 

美ノ郷町三成の自宅でパッチワークの教室を開いている横山 泰子さんと生徒らによる作品展が5月9日から、横山さんの自宅を会場に開かれます。

 

今年で7回目となる作品展では、一般的なタペストリーや手提げかばん、人形などに加え、昔の商家の家紋を描いた作品などおよそ200点が展示されます。

 

パッチワークは、色や素材、柄などが異なる布を縫い合わせ作りあげる手芸品で、現在、教室では作品の制作作業が進められています。

 

横山さんらは、色合いなどを考えて選んだ素材を1つ1つ丁寧に縫い合わせ、アイロンで形を整えながら、丹精込めて作品を作っていました。

 

14年間にわたりパッチワーク教室を開いている横山さんは、着物など使わなくなった衣類を作品に仕立て直していて、「素材の柄などを活かしつつ、古い布が新たに作品として蘇るのがパッチワークの魅力です」と語っていました。

 

パッチワーク展の会期は5月9日(月)から15(日)までで、会場は美ノ郷町三成の横山さんの自宅です。

 

詳しくは、電話0848-48-0737 横山さんまでお問い合わせください。

 

横山さんのパッチワーク教室作品展

会期 5月9日(月)~15日(日)

場所 美ノ郷町三成1421(横山さん宅)

お問い合わせ 0848-48-0737  ※駐車場あり