HOME > ニュース・情報コーナー > 第71期本因坊戦 第1局

ニュース・情報コーナー

第71期本因坊戦 第1局

第71期本因坊戦 第1局 2016年5月10日放送

 

囲碁界初の七冠を達成した井山 裕太本因坊に、高尾 紳路九段が挑戦する「第71期本因坊戦」の第1局が5月9日、因島外浦町の本因坊秀策囲碁記念館で始まりました。

 

全7局のこの対局は、江戸時代に活躍した因島出身の天才棋士 本因坊秀策の流派でもある「本因坊」の名跡を継承するもので、今回初めて記念館内に復元されている秀策の生家でタイトル戦が行われました。

 

2日間に渡って行われる対局中には、外浦町集会所でプロ棋士らによる大盤解説会も開かれ、9日には多くの地域住民たちが集まり、盛り上がりを見せていました。

 

井山本因坊は、今回の対局が七冠達成後、最初のタイトル戦で、さらにこの本因坊戦で5連覇を達成すると「永世本因坊」の資格を獲得することから、注目を集めています。

 

日本棋院によると、対局は高尾九段の白番中押し勝ちとなりました。

月間アーカイブ

最近の投稿