HOME > ニュース・情報コーナー > 音楽と風景

ニュース・情報コーナー

音楽と風景

音楽と風景 2016年5月17日放送

 

市内のおよそ40ヵ所で様々な音楽演奏が行なわれるイベント「音楽と風景」が5月3日(祝)市内中心部などで開かれました。

 

このイベントは、元広島交響楽団首席コンサートマスターの小島秀夫さんらが組織する実行委員会の主催で開かれたもので、尾道駅前緑地帯や長江口ゆとりの広場など公共スペースの他、「グリーンヒルホテル尾道」や「桂馬蒲鉾商店」などの飲食店で演奏が行なわれました。

 

フリーマーケットなどが開かれていた駅前の緑地帯では、アフリカの民族楽器「アサラト」や、しまなみジュニアオーケストラの子ども達の演奏が行なわれました。

 

尾道本通り商店街入り口の芙美子像前では「アルプフォルン」と呼ばれる管楽器の演奏があり、蔵田亜由美さんが、背丈の倍以上ある長いフォルンを操っていました。

 

演奏会場では、商店街で買い物などを楽しむ人が暫し足を止め、子ども達も興味津々で珍しい楽器にふれていました。

 

長江口にある「ゆとりの広場」では、松江市から訪れたメンバーが、スウェーデンの楽器「ブンネ」を使って、日本の童謡を演奏しました。

 

演奏は午前10時から午後8時頃まで行なわれ、市内中心部では、1日中音楽が溢れていました。

月間アーカイブ

最近の投稿