HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道ロータリープレゼント賞

ニュース・情報コーナー

尾道ロータリープレゼント賞

尾道ロータリープレゼント賞 2016年5月20日放送

 

尾道ロータリークラブは5月20日、新浜の尾道国際ホテルで例会を開き、尾道在住の画家の村上選さんに尾道ロータリープレゼント賞を贈りました。

 

プレゼント賞は、尾道ロータリークラブが、尾道地域の文化活動などに貢献した人に贈っているもので、例会では麻生章雄会長から村上さんに賞状などが手渡されました。

 

村上さんは、1944年 向島町生まれで、これまで日展に22回入選。一水会会員、日展会友として、東京などでも個展を開き、その色鮮やかな絵には、多くのファンがいます。

 

若かりしときに、尾道市名誉市民の洋画家、小林和作画伯に絵をほめられた事から、画家の道を志し、画伯が亡くなった後には、その絵が散逸するのを防いだり、和作さんを顕彰する会の理事を務めて、命日の展示会の継続に尽力したりしました。

 

プレゼント賞の選定には、画家としての功績だけではなく、名誉市民の小林和作を顕彰する活動などが評価されました。

 

又、例会の後半には、尾道出身の脚本家、高橋玄洋さんがスピーチし、村上さんの功績を称えました。

月間アーカイブ

最近の投稿