HOME > ニュース・情報コーナー > バレーボールスクール

ニュース・情報コーナー

バレーボールスクール

びんご運動公園でバレーボールスクール 2016年5月23日放送

 

Vリーグで戦う広島のバレーボールチーム「JTサンダーズ」の選手が教える「技術向上スクール」が5月21日(土)びんご運動公園体育館でありました。

 

教室はびんご運動公園の主催で開かれたもので、市内の小中学生およそ80人が参加し、JTサンダーズの選手から熱のこもった指導を受けました。

 

開会式では、先日開かれた第65回黒鷲旗大会でベストリベロ賞に輝き、チームを12年ぶりの優勝に導いた立役者の唐川大志選手、吉岡光大選手、久原大輝選手、中島健太選手の4人が紹介されました。

 

選手らは、デモンストレーションで、強烈なスパイクやジャンピングサーブなどを披露し、参加した子ども達が歓声を上げていました。

 

合同練習では、4つのコートに分かれて指導が行われ、ウォーミングアップから試合形式の練習まで、選手が丁寧に教えていました。

 

唐川選手は、生徒にレシーブやトスをする時のポイントとして、「ボールを返す位置に、目と体を向けてみて」とアドバイスしていました。

 

参加した男子中学生は「プロのスパイクを受けたけど、ボールの威力が凄かった、自分も練習してあんなふうになりたい」と話していました。

 

びんご運動公園では、「技術向上スクール」として、今年の5月から毎月、県内の様々なスポーツチームを招き、教室を開催していく予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿