HOME > ニュース・情報コーナー > 高校総体 実行委員会 総会

ニュース・情報コーナー

高校総体 実行委員会 総会

高校総体 尾道市実行委員会 第2回総体 2016年5月24日放送

 

中国地方などで開かれる「2016年度 全国高等学校総合体育大会」尾道市実行委員会の第2回総会が5月23日、久保1丁目の尾道市民会館で開かれました。

 

今年度の高校総体は、7月28日から8月20日にかけて中国地方の5県と和歌山県で開催され、尾道市ではソフトボールとサッカーの競技大会が開かれます。

 

尾道市で高校総体の競技大会が開かれるのは初めてで、総会には、実行委員会 会長の尾道市教育委員会 佐藤 昌弘教育長や、副会長の広島県高等学校体育連盟尾三地区支部 三次 至和支部長ら11人が出席しました。

 

開会に先立ち、佐藤会長が、「高校生が日頃の成果を十二分に発揮できるよう準備を進めていきたい。全国各地から訪れる人に尾道の魅力を感じてもらえるような大会になることを願っています」と挨拶しました。

 

その後、事務局から去年の事業報告と決算報告、今年の事業計画案と予算案などについての報告が行われました。

 

尾道市では、7月30日から8月2日にかけて第68回全日本高等学校女子ソフトボール選手権大会が、8月5日から8月8日にかけて第51回全日本高等学校男子ソフトボール選手権大会が、御調ソフトボール球場で開かれます。

 

また、尾道を含む県内6つの市でサッカーの競技大会が開催され、尾道市では、男子は7月27日と28日に、女子は7月29日から31日にかけて、栗原町のびんご運動公園陸上競技場で大会が開かれます。

 

ソフトボール競技大会の運営ボランティアには県内からおよそ50校が参加し、尾道市からは尾道商業高校、御調高校、尾道東高校の参加が決まっています。

月間アーカイブ

最近の投稿