HOME > ニュース・情報コーナー > 向島中 台湾中学生と交流

ニュース・情報コーナー

向島中 台湾中学生と交流

向島中 台湾中学生と交流   2016年5月26日放送

 

向島中学校と台湾の嘉義市立北興国民中学との交流会が5月25日、向島中学校で開かれました。

 

この交流活動は、昨年から始まったもので、今回初めて北興中学の生徒37人が向島中学校を訪れ、向島中の3年生112人と交流しました。

 

両校の生徒らは、体育館での開会行事に続き、簡単な自己紹介を行うとグループに分かれ向島中学校の1・2年生の授業を見学。案内した向島の生徒らが授業の内容などを英語で説明していました。

 

見学後は、グループ別に書道や折り紙、けん玉、味噌汁づくりなど日本の文化が感じられる活動を行い、北興中学の生徒らは興味深そうな様子でそれぞれの体験に取り組んでいました。

 

向島中学校の生徒らも折り紙の折り方や調理方法など、内容を説明しながら楽しそうに交流していました。

 

2校の交流は、尾道教育みらいプランの一環で昨年から始まったもので、学校での活動後には吹奏楽部同士の交流演奏も行われました。

 

向島中学校の生徒は「英語の説明文を準備していたけど、コミュニケーションが難しかった。北興中学の生徒は一生懸命話そうとしてくれてうれしかった」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿