HOME > ニュース・情報コーナー > 水道フェスタ2016

ニュース・情報コーナー

水道フェスタ2016

水道フェスタ2016 2016年6月6日放送

 

6月7日までの水道週間に合わせ、尾道市水道局は5日、JR尾道駅前緑地帯で「水道フェスタ2016」を開きました。

 

このイベントは、水道局と水道管の工事を行なう協同組合の共催で初めて開かれたもので、給水車の展示や、浄水場の「ろ過」の仕組みを学ぶクイズ、豪華景品があたる抽選会など、多くのイベントがあり、生憎の雨にもかかわらず、主催者発表でおよそ2,300人が訪れ賑わいました。

 

先日の熊本地震の被災地へも出動した「尾道市水道局が所有している給水車」では、災害時の給水訓練の体験が行われ、多くの人が給水パックに素早く水を入れる職員の姿に見入っていました。

 

クイズコーナーでは、水源から送られてきた水を、澄んだ綺麗な水にする「ろ過」の仕組みなどが出題され、子ども達や保護者が、一緒に答えを考えていました。

 

水道管のコーナーでは、水道が普及した大正時代の管から、最新のポリエチレンの管まで、年代ごとに展示してありました。

 

最新の水道管は耐震性に優れていて、尾道市水道局では、更新時期を迎えている昭和50年代の水道管を順次、切り替えています。

 

尾道市水道局の山田朋彌局長は「水道管の更新を進めていき、市民の皆さんに安心安全な水を届けたい。フェスタなどで水道について関心を持ってもらいたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿