HOME > ニュース・情報コーナー > 三幸小 創立30周年記念

ニュース・情報コーナー

三幸小 創立30周年記念

三幸小学校 創立30周年記念行事 2016年6月29日放送

 

今年、創立30周年を迎えた向島の尾道市立三幸小学校で6月19日、記念イベントが行われました。

 

三幸小学校は、1987年に、津部田小学校、有道小学校、岩子島小学校の3校を統合して開校。現在、103人の児童が通っています。

 

1年生から6年生までの児童と保護者およそ155人が参加し、スポーツテンカと呼ばれる新しいスポーツの体験などで楽しみました。講師の尾道福祉専門学校の國岡義広さんが運動する事の大切さについて話し、さっそくスポーツテンカを全員で行いました。

 

スポーツテンカは、昔からあるボール遊びをもとに作られたスポーツです。2人でボールを投げ合い、両手を交差させたり、両足で挟んだりする特別な取り方をすると、得点などが加算されます。全身を使うスポーツで近年人気となっています。

 

子ども達は体を大きく動かして難しいとり方に挑戦、キャッチが成功するたびに歓声を上げていました。

 

國當 信幸校長は「30周年を期に今後も活力と笑顔に満ちた学校にしていきたい」と話し、三幸小学校の卒業生であるPTA会長の今井由佳(いまいゆか)さんは「子ども達にはいつも健康で心も元気でいて欲しい。いろんな事に乗り越えられる力を付けて欲しい」と話していました。

 

11月には三幸小学校創立30周年の記念式典が行われる予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿