HOME > ニュース・情報コーナー > シャインマスカット 本格出荷

ニュース・情報コーナー

シャインマスカット 本格出荷

シャインマスカット 本格出荷始まる 2016年7月28日放送

 

大粒の種無しぶどうシャインマスカットの本格出荷が7月27日、尾道市で始まりました。

 

JA尾道市 木ノ庄西出張所の選果場では、収穫時期を迎えたシャインマスカットが次々と運び込まれ、作業員の手で検査・箱詰めされています。

 

シャインマスカットは、種が無く皮ごと食べることが出来るぶどうで、爽やかな香りと歯切れの良い食感が特徴です。

 

尾道市のものは、県内の他の産地に比べて、粒が大きい上に糖度が高く、1房およそ500~600グラムです。

 

ぶどう農家の穏地 隆則さんによると、今年は7月に入って天気が良かったため、日照時間が長かった分、より糖度の高いものに仕上がっているということです。

 

シャインマスカットの出荷は10月下旬まで続く予定で、JA尾道市によると、今年はハウス栽培と露地もので合計30トンの出荷を見込んでいます。

 

箱詰めされたシャインマスカットは、広島県を中心に、山口県の市場などにも出荷される予定です。

 

穏地さんは「種が無く子どもでも安心して食べられるので、ぜひ多くの人に味わって欲しい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿