HOME > ニュース・情報コーナー > 大山神社 海賊見張り台

ニュース・情報コーナー

大山神社 海賊見張り台

大山神社 海賊見張り台 2016年7月29日放送

 

因島の大山神社で7月10日、日本遺産の「村上海賊」を記念して建設中だった「海賊見張り台」が完成し、お披露目が行なわれました。

 

見張り台は、村上水軍が使っていたものをイメージした高さおよそ5メートルの木製の櫓で、幟や盾も設置してあり、当時の雰囲気を感じることができます。

 

見張り台からは、海を見渡すことができ、1377年に行なわれた村上水軍が関わった合戦の古戦場を眺めることができます。

 

大山神社の分社が「村上海賊」をテーマにしたストーリーの構成文化財の一つ「長崎城内」にあったことが縁で造りました。巻幡宮司は「瀬戸内海の穏やかな風景を見ながら、歴史に思いをはせてほしい」と話していました。

 

見張り台の披露に合わせて、今年で3回目となる、子どもの「泣き相撲」が行なわれ、6ヶ月から1歳半までの赤ちゃん16人が出場。行司の大きな掛け声に驚いて泣く子ども達の様子に、会場は笑いに包まれていました。