HOME > ニュース・情報コーナー > 交通事故犠牲者 慰霊祭

ニュース・情報コーナー

交通事故犠牲者 慰霊祭

交通事故犠牲者 慰霊祭 2016年8月4日放送

 

尾道交通安全協会主催の交通事故犠牲者慰霊祭が8月3日、千光寺公園内にある慰霊碑で営まれました。

 

尾道交通安全協会会員と尾道警察署員ら32人が出席。黙祷の後、亀田茂登尾道交通安全協会会長が「これまで以上に安心安全の取り組みを頑張ります」と挨拶し、濱田紀之署長が「来年は犠牲になられた人が無かったといえるように務めたい」と交通事故防止を誓いました。

 

最後に参列者代表らが献花を行い、昨年8月以降に尾道署管内で発生した交通事故の犠牲者9人の冥福を祈りました。

 

慰霊碑は、尾道交通安全協会が1960年に、交通事故防止を願って建立。広島県下で、碑を建てて慰霊祭を行なっているのは珍しく、今年で56回目となりました。

 

毎年8月のお盆前に、協会役員や尾道警察署長、交通課長らが参列して慰霊祭を開催しています。

 

尾道警察署によると今年に入り管内で発生した交通事故は178件です。

月間アーカイブ

最近の投稿