HOME > ニュース・情報コーナー > 消防研究発表

ニュース・情報コーナー

消防研究発表

消防研究発表   2016年8月10日放送

 

尾道市消防局の消防職員研究発表披露会が先月末、東尾道の尾道消防防災センターでありました。

 

これは、日常業務の改善に役立つ新しい機器や使い方を発表する場として毎年開かれているもので、会場には消防局の職員や関係者などおよそ60人が参加しました。

 

今回発表した、因島消防署瀬戸田分署の中本佳彦(なかもと よしひこ)消防士長は、

はしごに上って消火する際に、放水の勢いではしごが不安定になる問題を指摘し、

解決策として、新しく考案した器具とその使い方を紹介しました。

 

披露会で発表された物の中には、しまなみ海道の自転車道での事故に対応する救急用自転車など、実際に導入されている物もあり、参加者らは現場での経験を元に考案された器具の使用方法に真剣に聞き入っていました。

 

今後中本消防士長は、8月19日に三次市で開かれる全国消防協会広島県支部の研究発表会にも出場し、発表します。

月間アーカイブ

最近の投稿