HOME > ニュース・情報コーナー > 市連民児協 覚書締結

ニュース・情報コーナー

市連民児協 覚書締結

市連民児協 覚書締結  2016年8月25日放送

 

尾道市連合民生委員・児童委員協議会と尾道・福山の3つの警察署は8月24日、児童と高齢者の安全・安心を守るための防犯協力に関する覚書を締結しました。

 

締結式には、連合民生委員・児童委員協議会の花本 博康会長と、尾道市域を管轄する尾道、因島、福山西の警察署長らが出席。覚書に署名し協力関係を結びました。

 

今回の締結は、子どもや高齢者に身近な存在の民生委員・児童委員と警察署が連携することで、地域の治安向上に繋げようとするもので、近隣では福山市や三原市でも行われています。

 

今後、協議会からは各警察署へ迷子や負傷者、事件事故の目撃情報などが提供され、警察活動に役立てられます。

また、警察からも民生委員による活動への資料提供や防犯教室への講師の派遣などが行われる予定で、地域の安全・安心に向け連携を図ります。

 

尾道市連合民生委員・児童委員協議会の花本会長は「時代が変化し、次々に予想しえないような事件が起きている。このネットワークを活用し、1件でも犯罪が減らせればと願っている」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿