HOME > ニュース・情報コーナー > 映画資料館 音楽鑑賞

ニュース・情報コーナー

映画資料館 音楽鑑賞

おのみち映画資料館で映画音楽の鑑賞会 2016年8月26日放送

 

映画ポスターなどを展示している「おのみち映画資料館」で8月20日、映画ミュージックを楽しむイベントが行なわれました。

 

東京都出身でリコーダーとギターのアコースティックデュオ「ゆるアコ」の2人が出演し、およそ40人の観客を前に10曲を演奏しました。

 

「マイフェイバリットシングス」、「ムーンリバー」などの外国の曲とともに、ジブリ映画「紅の豚」の挿入曲なども披露しました。

 

又、展示されているポスターの年代に合わせて、1950年代のヒット映画「東京キッド」の主題歌なども演奏しました。

 

訪れた人たちは、そっと目を閉じて、リコーダーや、クラシックギターの音色と歌声に聞き入っていました。演奏は、バスリコーダーと呼ばれる低音の笛や、カズーと呼ばれる管楽器なども使って行なわれ、ユニークな楽器にも注目が集まっていました。

 

映画資料館で音楽イベントが行なわれるのは今回が初めてで、ゆるアコの2人は「資料館は、天井が高くて土壁が残る貴重な建物なので、それに合うようにセッティングや選曲をしました」と話していました。

 

おのみち映画資料館は、明治時代に倉庫として利用されていた蔵を改装して作られたもので、尾道で撮影された小津安二郎監督の名作「東京物語」や、広島県出身の新藤兼人監督らの資料、日活の映画ポスターなどが多数展示されています。

月間アーカイブ

最近の投稿