HOME > ニュース・情報コーナー > 子ども会球技大会

ニュース・情報コーナー

子ども会球技大会

第35回 尾道市子ども会球技大会 2016年8月29日放送

 

第35回 尾道市子ども会球技大会が8月28日、東尾道市民スポーツ広場で開かれました。

 

この大会は、子どもたちの健全育成と仲間づくりを目的に、尾道市子ども会育成連合協議会が毎年開いるもので、今年は市内22地区の子ども会からおよそ500人の子どもたちが参加しました。

 

男子18チームがソフトボール、女子11チームがフットベースボールを行い、トーナメント形式でそれぞれ優勝を目指しました。

 

子どもたちは日頃の練習の成果を出し切ろうと、チーム内で声を掛け合いながら一生懸命プレーし、得点が入ると、応援に駆け付けた保護者からも大きな歓声が上がっていました。

 

この日は雨が心配されていましたが、天候に恵まれ、会場には1日中子どもたちの元気な声が響き渡っていました。

 

大会の結果、男子は久保地区子ども会、女子は三幸地区子ども会が優勝しました。

 

尾道市子ども会育成連合協議会では、球技大会の他にも、運動会やキャンプなどを開き、子どもたちの健全育成に努めていて、末留 勇会長は「子ども達にはチームプレーを通して協調性を身に付け、他の地区と交流することでコミュニケーション能力を養ってほしい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿