HOME > ニュース・情報コーナー > 尾商で年金セミナー

ニュース・情報コーナー

尾商で年金セミナー

尾商で年金セミナー    2016年10月28日放送

 

若い世代に年金制度への理解を深めてもらおうと、古浜町の尾道商業高校で10月20日、年金に関するセミナーがありました。

 

このセミナーは、年金制度の啓発活動の一環として、日本年金機構が全国の高校や大学などを対象に実施しているもので、尾道商業では昨年に続いての開催となりました。

 

セミナーに参加したのは、商業高校の3年生およそ200人で、三原年金事務所 国民年金課の花房 高茂さんが「知っておきたい年金のはなし」と題して解説しました。

 

花房さんは、公的年金の役割りや1号・2号・3号と分かれている被保険者の違い、保険料の支払いが難しい場合に利用できる免除の制度などを紹介。

「年金はみなさんや周りの人を支える大切なもの。将来は皆さんが主役となって支え合ってほしい」と呼びかけていました。

 

生徒たちは、セミナー後のアンケートで「年金について詳しく知ることができた」「互いの支え合いが大事だと分かった」などと感想を述べていました。

月間アーカイブ

最近の投稿