HOME > ニュース・情報コーナー > 俳句まつり 表彰式

ニュース・情報コーナー

俳句まつり 表彰式

「おのみち俳句まつり」入賞者 表彰式 2017年4月11日放送

 

「春」をテーマに全国から俳句を公募する「おのみち俳句まつり」の入賞者の表彰式が4月10日、西土堂町の尾道市立美術館で行われました。

 

11回目となる今回は、一般の部と小中学生の部に合わせて2,738句の応募があり、入賞・入選など147句が選ばれました。

 

会場には、入賞者らおよそ50人が出席し、主催の尾道観光協会 川崎 育造会長と平谷 祐宏尾道市長から賞状と記念の楯が手渡されました。

 

一般の部の最高賞「おのみち俳句大賞」には、広島市の大隅 三虎さんの作品、「風なきに どこかが揺れて 糸ざくら」「風なきに どこかが揺れて 糸ざくら」が選ばれました。

 

尾道市からは、金賞に福場 朋子さんの作品「枝ぶりを 誇るがごとく 老桜」「枝ぶりを 誇るがごとく 老桜」が選ばれました。

 

銅賞には松井 多嘉子さんの「出港の 汽笛をあびて 花吹雪」「出港の 汽笛をあびて 花吹雪」が選ばれました。

 

尾道市長賞に藤井 博子さんの「嫁ぐ子と 語る縁側 さくら餅」「嫁ぐ子と 語る縁側 さくら餅」が選ばれました。

 

尾道観光協会会長賞に村越 正和さんの「行き帰り 花の山見て 渡し船」「行き帰り 花の山見て 渡し船」が選ばれました。

 

小中学校の部「特選」には、長江小学校2年 木村 悠人君の「竹の子は 太よう目ざす ロケットだ」「竹の子は 太よう目ざす ロケットだ」、また、向島中央小学校6年尾形 楓真君の「こだまして 声が届くと 山笑う」「こだまして 声が届くと 山笑う」が選ばれました。

 

入賞・入選作品は千光寺公園の「ぼんぼり」に4月16日(日)まで掲載されます。